IR情報

投資家の皆様へ

ご挨拶

IR情報

平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。

 2017年3月期におきましては、デバイス事業では、課題である低収益体質からの脱却に向け事業ポートフォリオ改革に鋭意取り組んだものの、主要仕入先の製品戦略変更に伴う取扱い製品の減少や急激な為替変動の影響等もあり、収益が大きく悪化いたしました。
 また、ソリューション事業におきましても、消防・救急無線のデジタル化特需が収束したことに伴う売上高の減少が影響し、前期比で減収減益となりました。
 その結果、連結業績は952百万円の経常損失を計上するなど厳しい内容となりました。

                                    昨年4月に、当社グループでは5ヶ年計画であるV70中期経営計画(最終年度                                     2021年3月期)をスタートいたしました。今後も事業環境の変化は一層厳しさが増
                                    すものと予想されますが、取り得るべき手段を講じ、当社グループ一丸となって
                                    V70の定量目標である「自己資本当期純利益率(ROE)5%」「経常利益30億円」
                                      の達成に挑む所存です。

                                    株主の皆様におかれましては、今後とも一層のご支援・ご鞭撻を賜りますようお願
                                   い申し上げます。

                                   代表取締役 社長執行役員(COO) 鈴木 俊郎

業績ハイライト・今期業績見通し

業績ハイライト(2017年3月期)

 当連結会計年度における世界経済は、英国の欧州連合離脱決定や欧州各国の国政選挙の行方、米国における新政権の政策運営など、先行き不透明感が一層増す状況となりました。我が国経済につきましては、緩やかな回復基調で推移いたしましたが、為替・金融市場における急激かつ不安定な為替動向や世界経済の不確実性の波及懸念等の影響により、力強さに欠けるものとなりました。
 当社グループの主な事業領域であるエレクトロニクス業界におきましては、自動車の先進運転支援システムやIoT(Internet of Things)、M2M(Machine to Machine)等に関連する市場が着実に拡大いたしました。また、国内IT業界におきましては、クラウドやビッグデータ関連サービス等の普及が進み、ビジネス分野での更なる利活用が期待されるなど、比較的良好な環境下で推移いたしました。
 このようななか当社グループは、事業力の強化と経営基盤の整備に取り組み、売上高の増加ならびに収益力の向上に努めてまいりました。しかしながら、デバイス事業が為替の急激な変動や主要仕入先の製品戦略変更に伴う取扱い製品の減少等の影響を受け、業績が著しく低迷したことから、当期の連結業績は、売上高は1,676億54百万円(前期比15.8%減)、営業利益は8億4百万円(前期比58.0%減)、経常損失は9億52百万円(前期は15億円の経常利益)、親会社株主に帰属する当期純損失は15億75百万円(前期は9億77百万円の親会社株主に帰属する当期純利益)となりました。

 
決算年月 2013年
3月期
2014年
3月期
2015年
3月期
2016年
3月期
2017年
3月期
売上高 (百万円) 147,963 192,240 219,091 199,075 167,654
経常利益 (百万円) 1,629 2,658 3,117 1,500 △952
親会社株主に帰属する当期純利益 (百万円) 1,131 1,806 2,003 977 △1,575
純資産額 (百万円) 59,916 62,255 65,619 63,385 61,537
総資産額 (百万円) 82,916 93,522 101,672 95,580 94,144
1株当たり純資産額 (円) 2,081.88 2,209.24 2,328.64 2,249.40 2,183.84
1株当たり当期純利益 (円) 38.67 63.78 71.11 34.70 △55.90
自己資本比率 (%) 72.3 66.6 64.5 66.3 65.4
自己資本利益率(ROE) (%) 1.9 3.0 3.11.5
株価収益率(PER) (倍) 16.2 10.8 14.0 25.6
1株あたり配当金(年間) (円) 20 20 40 40 25
配当性向 (%) 51.7 31.4 56.3 115.3
  ※△は損失を表します。
2018年3月期業績見通し

現在の広報数値は以下の通りです。

売上高 185,000百万円(前期比10.3%増)
経常利益 1,380百万円( ― )
親会社株主に帰属する当期純利益 700百万円( ― )

数値は2017年5月15日発表の数値です。詳細につきましては下記資料をご覧ください。